スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はラッキョウ 

イチゴジャム、梅酒、シソジュースときて今年はいよいよラッキョウ漬けに挑戦しました。

とはいっても、味付けは、家内の母親に電話をかけて次女が聞いてらっきょう酢を作ります。それに合わせて、こちらは、ラッキョウを買ってきて、根っこの部分と先端の部分を切って、皮をむくだけ。ラッキョウはかなり大きめの鹿児島産でした。1㎏で300円くらいだったと思います。
これが鳥取産だと、いきなり倍の価格になります。同じようなサイズにも関わらず、値段は倍。さすがブランドですね。
1kgですが、大きめのサイズのラッキョウなので皮むきもそれほど重労働ではありません。食べごたえもあるし、ラッキョウは大きいのに限る気がします。
さて、一週間くらい、塩漬けにした後で、今度はラッキョウ酢に漬け込みます。ラッキョウ酢に漬け込んで2週間もすれば食べられます。ラッキョウ酢の配合は、家内の母親秘伝のレシピなので、味は保障つきです。確かにうまい。これでまた一つ楽しみが増えました。
ただ、血圧を下げるために塩分を制限されているので、ラッキョウは、余分なくらいに流水で洗って塩分を抜いています。ラッキョウ酢には塩は入れないので、最初の塩漬けのときについたわずかな塩分だけ。これなら、一日1個か2個食べるくらいなら、それほど塩分を気にしなくても済みそうです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taikennote.blog9.fc2.com/tb.php/280-1276a60f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。