スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い日に豚角煮のトマト風味 

気象庁の予報どおり、朝から関東地方も大雪です。13年ぶりの大雪警報というから警戒しないわけにはいきません。流石に今日は外には出られない。冷凍庫の中から買い置きの豚の固まり肉を取り出して、豚角煮を作ります。

豚だけでなく、野菜をいれてもシチュー風でおいしそう。冷蔵庫には、ニンジンがあります。買い置きの常備野菜としてジャガイモや玉ネギもあります。全部入れてトマト缶とソースとコンソメあたりでできそうです。
野菜は乱切り。
まずは豚肉のかたまりを解凍します。冷凍庫には、ばら肉のかたまりと肩ロースのかたまり。国内産にこだわるわけではありませんが、たまたま、国内産が安かったので、両方とも国内産と記載されています。合わせて600gほど。肩ロースは焼豚のつもりでしたが、今回は一緒に角煮にしてしまいす。
大雪になるという予報がでているくらいですから、気温が低い。室内でもなかなか解凍できません。ガスファンヒーターの前にしばらくおいて少しやわらかくなったところで、フライパンで全体に焼色をつけます。
それから、圧力鍋で、肉が浸る程度の水としょうがひとかけにネギ1本をざっくり4-5cmに切っていれます。沸騰したら、ふたをして圧力をかけて15分。一旦冷まします。
雪はすでに積もっていますが、庭の月桂樹から葉っぱを2-3枚とってきます。雪の中に足跡がくっきり。今日は相当に寒い。
圧力鍋の圧力が抜けたところで中の豚肉を取り出して、3cm程度に切り分けます。煮汁は200cc程度を残して残りは捨ててしまいます。そこにワインを1カップ。醤油大スプーン2杯。砂糖の代わりに、蜂蜜スプーン2杯。トマト缶を一缶。さらに隠し味にウスターソースを少し。これらを全部いれて、さらに野菜も全部いれて強火で沸騰させます。
沸騰したら圧力をかけてまた15分。これで出来上がり。
食べるときにはまた少し暖めると、洋風と和風が微妙に混ざった角煮の出来上がりです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taikennote.blog9.fc2.com/tb.php/278-30d08ba8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。