スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この表現はおかしくない? 

楽天の田中投手がやってくれました。
開幕16連勝の日本新記録。おまけに昨年度からの連勝も20連勝と、伝説の鉄腕稲尾の記録に並んでしまいました。

マー君の活躍は無条件にすばらしいし、奥様の里田さんも内助の功ともっぱら評価が上がっています。気になったのは、Yahooの記事。

マー君偉業 里田がファン祝福

というタイトルだったので、気になってクリックしてみたら、

“内助の功”里田まい、マー君偉業にブログで感謝「熱気が凄かった」

まるで意味が違ってる気がします。最初のタイトルでは、里田が人事のように田中投手とファンを祝福しています。文章の距離感がファンの方が、奥さんである里田まいよりも田中に近い。
実際の記事のタイトルでは、マー君偉業にブログで感謝「熱気が凄かった」というのは、田中投手の身内として応援してくれているファンに感謝している様子がタイトルだけで見て取れる。ここまで見て疲れたので、敢えてこの先を詳しく見ませんでしたけどね。
ということは、対して興味の無い読者にも、オヤっと思わせて、記事に誘導するというテクニックなのかなと思ってしまいます。スポーツ新聞の見出し記事がむちゃくちゃで時に文法も無視しているように、ニュース記事ってそういうものなのでしょうかね。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taikennote.blog9.fc2.com/tb.php/275-602d0926

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。