スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチゴジャムの続きとリンゴジャムの続き 

煮出す直前まで仕込んでおいたイチゴジャムを予定通り翌日煮込みました。アクを丁寧にとって、透明になってきたら、水をはった皿に煮出したイチゴの果汁、といってもほとんど砂糖が溶けたものですが、その汁を垂らしてみて、水の中での広がり具合でジャムの固さを見ていきます。ジャムテストというらしいです。

一つの鍋に収まらなかったので、ホーローのなべとステンレスのなべをつかって2か所同時に作りました。次女が付きっきりで火のそばにいて出来上がりは約一時間後。たっぷりできました。来年まで夕に持ちそうです。次女は、会社にも持っていくようです。
リンゴジャムは、次女が知らない間に作っていました。イチゴジャムと違って、準備してから放置しておく必要はないので、皮をむいたらその日のうちにジャムまで作れます。皮を少し入れてピンクにしたかったようですが、残念ながら色はほとんどついていません。リンゴ6個の皮剥きに1時間かかったと言ってました。
どちらかというとかなり不器用な娘です。本当は、今日はデートの約束があったらしいのですが、何やら行き違いでリンゴジャム作りに変ったようです。まだ、ゴールデンウィークは後半もあるので、ちゃんと仲直りできることをひそかに願っております。

【関連記事】
イチゴジャムとリンゴジャム
イチゴジャムの増産

イチゴジャムつくり

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taikennote.blog9.fc2.com/tb.php/271-0b2b64f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。