スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新横浜プリンスのケッヘルのバイキング 

末の娘が大学生になったのと、真ん中の娘の就職祝い、長女と管理人との誕生祝い(同じ日です!)を兼ねて、新横浜のホテルバイキングに行こうということになりました。昨日の土曜に家族そろって楽しんできました。

高血圧の塩分制限どころか、腎臓の数値異常でカリウムやタンパク質にまで、気をつける身ですからバイキングはちょっと心配です。金曜日は、自宅で徹底した低ナトリウム食、土曜の朝は、次女が焼いてくれた自家製パンで、市販のパンよりも圧倒的に塩分が少ない。その食パンをジャムもつけないで二切れ食べました。次女の食パンレシピは何種類かあって、そのうち蜂蜜を入れるレシピは、パンだけ食べても甘くておいしいのです。

いつもは、お昼を抜いて、朝を夜だけ食べることを習慣にしていますが、お昼にバイキングを食べると当然夜は抜くことになります。そこで、できるだけ遅い時間を狙いますが、ランチバイキングは土日でも午後3時まで。時間制限はないのですが、それでも2時間が限界と思います。ということで、1時にお店に入るくらいがちょうどよいことになります。
長女は、相変わらず、金曜から出社して週末も帰ってきていませんが、新横浜に直行して合流するといいます。
はたして、長女は12時半、私たちは車で1時少し前に到着しました。

お店の入口で5人と告げると、すぐに席に案内してくれて、説明もなし。早速、食事集めに動きだします。
生野菜はカリウムが強いので控え目に。それでも、トマトやパイナップルなど少しは食べたい。本来、バイキングは大好きなのですが、血管を守るために高血圧予防で、塩分制限、また薬の副作用か、腎臓にも影響が出始めているので、カリウムやタンパク質もほどほどにする必要があります。そもそもバイキングを食べられる健康状態ではない。それでも末娘のリクエストです。今回は、できるだけ、いろんな食材を少しずつ摂ることで塩分調節を行おうと思います。

ステーキは、和風リンゴソース付きでお肉も薄く切ってあるので十分に柔らかい。バイキング料理が並んだ端から、ほんの少しずつ料理を持っていきます。
寿司も注文でも握ってくれるし、溺愛のものもなかなかです。スズキ、マグロ、イカ、エビ、卵、サーモン、ネタはこのくらいですがいずれもそれなりの味です。シャリはやわらかめ。
ピラフやパン類も何種類かあります。圧巻はカにの足でしょう。ズワイガニの足が山盛りになっていて、バイキングなのでもちろん好きなだけ。テーブルには最初からカニ用のハサミが置いてあります。
主食はカレーとパンとうどんとお寿司、それにパスタとピラフ。副菜は、白身魚のフライ、シャケの味噌チーズ焼き、ステーキ、シュウマイ、スープ、あとはホテルの朝食バイキングにでてくるような焼き物や揚げ物。
コーヒーサーバーとお茶サーバーがあってコーヒー紅茶とお茶はフリーです。
久しぶりに満腹という状態まで食べました。

【関連記事】
新横浜プリンスホテル ケッヘルのランチバイキング
三丁目の夕陽の時代から世界のキッチンへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taikennote.blog9.fc2.com/tb.php/269-954350ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。