スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巳年に長財布 

管理人は、ずいぶん長い間二つ折り財布を愛用していました。というよりも二つ折り財布しか使ったことがなかった。ところが例の本を本屋で目にするようになってから長財布を試してみたいと思っていました。

例の本とはもちろん「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」亀田 潤一郎 (著) です。著者は税理士で、仕事で関わった優秀な経営者やビジネスパーソンを観察する中で気付いた稼ぐ人の共通点を書いた本です。

この本に「財布の値段×200=年収」という理論が紹介されています。
財布の値段を200倍すると年収になるという話で、1万円の財布なら200万円の年収ということになります。
1000万円の収入なら、少なくとも5万円を財布にかけなさいと言われているようです。
真意は、持ち主が持ち物に見合った行動をとるようになるので持ち主の質も向上していくという趣旨だったと思います。
管理人は徹底したコストカッターなのですが、テレビやパソコンになら払える金額をとてもいまどき財布に払う気にはなれません。(実は、意外に、高収入です。年も年ですけどね)

季節がら、イオンやヨーカドーにいってみると、春の財布コーナーがあります。ここには、1000円や2000円の財布がバーゲンで売られています。いつもの管理人ならこれを迷わず買うところです。ところが、家内と娘たちに止められました。もう少し、高い財布を買いなさいと声をそろえて言います。そういえば、今使っている二つ折り財布は、家内にプレゼントされたものですが、1万円以上はしたそうです。そこでまず定価で見ることにしました。ところが定価なんてあってないようなもので、同じ商品でもお店によって定価がずいぶん違います。そういうことを気にしても仕方がないので、それなら最も有利なものを探すに限ります.

結果としては、こちらの財布を探し当てました。4980円は思ったよりも高いけれども、気が遠くなるほどの値段ではありません。それに送料込ですしね。同じ商品が、49,800円の定価と書いてあるサイトもあります。200倍したらこれで約1,000万円。残りは、コインケースと鞄専用に、つまり財布を忘れた時のバックアップとして、鞄に忍ばせておく財布を調達すれば、合わせればそこそこの金額になるでしょう。財布が複数になるのは少し気がひけますが、コインケースはまず問題ないし、鞄専用のバックアップには、福沢さんに一人で入っていてもらえば、いざという時のバックアップには十分でしょう。普段あまり使わないカードを1枚入れておくのもよいかも知れません。
というわけで、新年早々財布を変えることにして、Amazonで注文したら翌日に届きました。
使い始めは、吉日がよいというので、来週の一粒万倍日まで待とうと思っています。

【関連記事】
今度は年収2千8百万円まで対応の財布
巳年の開運黄色い財布

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taikennote.blog9.fc2.com/tb.php/259-db6dbe55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。