スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長津田農場のとんかつ 

とんかつが食べたくなって食べに行こうかということになった。とはいってもお気楽な「和幸」「さぼてん」辺り。「和幸」は、大和のオークシティと長津田のアピタとビバホームが並んでいる一角の近くにある。
ところがアピタの「和幸」は、いつの間にか外装が変わっている。

「長津田農場」と看板には書かれていて、「和幸」ではなくなった雰囲気。それでも調べてみると、家の近くで「アピタ」と「オークシティ」が出てきた。
「長津田農場」も「和幸」グループで、とんかつだけでなく、野菜やお肉を美味しく食べさせてくれるところらしい。
というわけで、行ってみました。

お店の作りは以前の「和幸」のときと同じ。エントランスの前に建物を囲む形で広い駐車場がある。門を入って左側が待合室。ほとんど待っている人もいなくて、すぐに中に通れた。
料理は、「和幸」の料理と同じものにプラスして、ステーキやステーキ丼、サラダプレートのようなものもある。値段も「和幸」と変わらない感じ。高くてもセットもので100円程度と思われる。

ひれかつセット、ロースかつセット、ロースかつ丼、それからサラダプレートを注文した。
うれしい驚きは、前菜として、かなりたっぷりな野菜とポテトサラダが出てくること。野菜にはバーニャカウダソースが付いてくる。これだけで女性なら結構おなかがいっぱいになるかもというレベル。
サラダプレートも思っていたよりも二回りほど大きいレベル。これは食べきれないだろうという量の野菜が出てくる。
それからロースかつ丼の大きさも半端ではない。味もなかなかだった。
もちろん、ひれかつとロースかつは、ご飯、味噌汁、キャベツの千切りお変わり自由という「和幸」定番のサービスが付いているが、最初のサラダの量が反場ではないので、よほどお腹を空かしていかないと、御代わりまでたどり着けないと覆う。
管理人は、塩分制限を受けていて、味噌汁をしっかり飲めない。それが残念であるが、一口だけ飲んだ味噌汁は、久しぶりで美味しかった。

いずれにしても、とんかつを食べに行くのはもちろんのこと、とんかつだけでなくステーキやハンバーグ、体に良さそうな野菜までちょっと食べたくなったら、「長津田農場」はよい選択肢かもしれません。

【関連記事】
中央林間のADAR がネパール料理のE Masaraに
次女の初給与でバーミヤンのしゃぶしゃぶ食べ放題
大和深見のビッグボーイのハンバーグ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taikennote.blog9.fc2.com/tb.php/243-4773aecd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。