スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみれが丘クリニックで喘息受診 

去年の夏ごろから管理人は、咳が止まらなくなる症状が出ていました。夜や、お酒を飲んだ後など、一度咳が出始めると延々と止まらないのです。最初のうちはそのうち止まると思って気にも留めませんでしたが、さすがに1ヶ月もこの状態が続くとなんだか不安になって、病院に行くことにしました。
まずは、近くの町医者にいっていくつか調べてみましたが、マイコプラズマかもしれませんね、ということで、咳止めの薬をもらって帰りました。それでも一向に良くなりません。

その次には、比較的近くにある総合病院に行きました。そこでも相当な数の検査をしましたが、おそらく喘息でしょうということで、喘息用の吸入薬をもらいました。不安だったので、肺炎や肺気腫などの検査もしてもらったようです。タバコをすって年の割には酸素濃度も98%で問題ないと言われたのは一安心です。

60回の吸入薬を5本くらい使用しましたが、相変わらず良くなりません。今年のゴールデンウィークに思い立って、隣のお父さんが紹介してくれたすみれが丘クリニックに行ってみました。
まず驚いたのは、非常にわかりにくい病院の場所です。ゴリラナビに電話番号をいれてすぐに目的地は出てきたのですが、近くまで行っても建物が見当たらない。狭い道を何度か上り下りしているうちにやっと見つかりました。

そこで調べてもらってわかったのが、なんとハムスターのアレルギーでした。そういえばおととしの暮れごろから娘がハムスターを飼っています。ハムスターを飼って半年から一年くらいでアレルギーは出るそうです。そしてなんと症状はだんだんひどくなってくることが多く、ひどくなるとかまれたときにショック死する可能性まであるそうです。アレルギーの度合いは5段階の3番目でした。
やれやれです。

ハムスターを飼うのをやめない限り治ることはないと言われました。ハムスターを自然に帰すわけにも行かないし、とりあえず、寿命をまっとうするまでは、飼っていますが、できるだけ近くに寄らないようにしているところです。

それにしても、近くの総合病院にもかかって、気管支の専門医にも見てもらって喘息と診断されたのが、たった一度の受診でハムスターアレルギーを見つけたすみれが丘クリニックはなかなかです。

すみれが丘クリニック

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taikennote.blog9.fc2.com/tb.php/188-11d0a9c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。